【10巻】忘却のサチコ

忘却のサチコ 10 (ビッグコミックス)[本/雑誌] (コミックス) / 阿部潤/著

価格:596円
(2018/11/10 13:02時点)

10巻のトップバッターはジーニアス黒田先生。
札幌で初サイン会(2店舗)。
担当の小林くんとサチコさんでフォローします。

ただ、ジーニアス黒田先生は顔出しNGなので、サイン会とはいえ手しか見えない特別仕様。
ファンにちやほやされて浮かれ気味の先生を、サチコさんがしっかりと手綱を引いて管理します。
さすが!

サイン会終了後に打ち上げをしようと提案するも、ジーニアス黒田先生は大好きなアイドルのコンサートに。

なので、打ち上げは小林くんとサチコさんの二人で。
ジンギスカンのお店「北海道しゃぶしゃぶ ホッケ」でラムしゃぶです。

お腹が満たされたら、宿泊先のホテルに帰り疲れた体を休ませます。

ところが!

なんとホテル側の手違いで一部屋しか予約されておらず…。
サチコさんと小林くんが一つの部屋に泊まることになります。

どうなるサ…いやいや、この場合では小林くん!!
(サチコさんは全然大丈夫そうだもん…)

“【10巻】忘却のサチコ” の続きを読む

10巻:キングダム

キングダム 10巻

価格:555円
(2018/11/4 14:33時点)

ついに呂不韋達一向が。
緊張が高まります。
政もいつになく険しい顔つきです。

好き勝手やるだけでなく政の命を狙う呂不韋が気に入らない信は、一喝して委縮していた皆の気持ちを奮い立たせます。

でも、実際に目にした呂不韋一行の気迫はすごく、信もその重圧に冷や汗。

そんな中、登場した呂不韋。
ふわりと相手を包み込むような感覚に、信は何も言えずにいたのでした。

“10巻:キングダム” の続きを読む

01巻:私がモテてどうすんだ

私がモテてどうすんだ(1) (別冊フレンドKC) [ ぢゅん子 ]

価格:463円
(2018/11/8 12:16時点)

ネットの広告で見かけ、何気なく読んでハマった。
見事にやられました。

めっちゃ、おもしろい!

主人公はBL大好きなアニメおたくな腐女子・芹沼花依(せりぬま かえ)。
体型もぽよんぽよんで、それを示すようにおおらかな性格。
イケメンが仲良くしている姿に、いつも萌えています。

“01巻:私がモテてどうすんだ” の続きを読む

12巻:名探偵コナン

名探偵コナン 12巻

価格:463円
(2018/11/6 12:34時点)

最初の事件は、阿笠博士のおじさんの別荘が舞台。

博士の計らいで、子どもたちとお宝探しの冒険です。
50年前に亡くなったおじさんが隠した巨額の富を、探偵団のみんなで探してほしいと。

実は、発明品で臨時収入が入ったので、そのお金でたくさんのおもちゃを購入し、宝探しゲームとして探させるという計画。

優しいですね~。
ちなみにおもちゃの買い出しはコナンです。
((´∀`*))ヶラヶラ

ところが、博士が施した仕掛け以外にも、もともとあったらしい仕掛けがあり…それを発見したコナンは夢中で推理を働かせます。

「誰かが住んでいた」として、館に何か隠された秘密があることに感づくコナン。
どうやら、阿笠博士のおじさん…とりわけおばさんに関係している何かがあったようです。

“12巻:名探偵コナン” の続きを読む

凶眼の魔女

凶眼の魔女 (実業之日本社文庫) [ 吉田恭教 ]

価格:849円
(2018/11/5 14:09時点)

2018年10月15日発売と、まだ発売されて1ヵ月もたっていないこちら。
元は「可視える(みえる)」というタイトルで南雲堂から2015年に刊行されています。

こちらのお話は、幽霊画が引き起こす壮絶な殺人事件。
あまりの殺人描写に間違ってホラー小説を買ってしまったかと思ったほど。
そんななので、読んでいる最中は眉間に縦シワがめっちゃ深く刻まれていたと思います。

最後の推理もあまり頭に入ってきませんでした。
それぐらいに殺し方がひどく、殺害方法よりもどうしてそこまで残虐に殺せるのか、そっちの方の解明に注目していました。

ストーリーはこちら↓


「幽霊画が巻き起こす連続猟奇殺人!」

目を背けたくなるほどおぞましい幽霊が。
その「作者を探してほしい」という依頼をうけた探偵の槙野康平は島根県へ向かう。
作者・秋田と会えたが、なぜか怒りを買い追い返されてしまう。

それから一年後、秋田は神奈川県で自殺。
疑問を持った槙野は調査に乗り出すが、連続猟奇殺人事件に巻き込まれ……恐怖の本格ミステリー!


“凶眼の魔女” の続きを読む