03巻:凪のお暇ー凪の闇落ちー

凪のお暇(3) (秋田レディースコミックスDX) [ コナリミサト ]

価格:734円
(2019/9/15 17:23時点)

そもそも価値観が違った。

水族館でのイワシの群れ。
一匹だけはぐれてしまったイワシ。

心の中で応援する凪とは反対に、慎二は「なにはぐれてんだ。空気読めよな」。

挙句、「おまえイワシとか食うの!?あんなん貧乏人の食い物じゃん」

足立さんに言ったはずの言葉が自分にも刺さったことから、一体どこが好きだったのかを一晩中考えるものの、何一つ思い出せない。

“03巻:凪のお暇ー凪の闇落ちー” の続きを読む

02巻:凪のお暇ー慎二の苦悩、子どもの事情ー

凪のお暇(2) (秋田レディースコミックスDX) [ コナリミサト ]

価格:734円
(2019/6/9 14:31時点)

外回り中に、元凪の同僚たちと会った慎二。
その内の一人、織部さん(じゃんけんに負けて凪の仕事を引き継いだ人)が元気がない様子。

「どしたの?」と尋ねると、なんと引き継いだ凪の仕事がすごい量だったことに参っていたのでした。

「いつもニコニコこなしていたから、まさかこんな大変とは思わなくて…」と、疲れた顔で言う織部さん。

「今思えば、すごい子だったのかも」と、今更ながらに身に染みているようです。

“02巻:凪のお暇ー慎二の苦悩、子どもの事情ー” の続きを読む

01巻:凪のお暇ー空気は読むものじゃなくて吸うものー

凪のお暇 1 (秋田レディースコミックスDX) [ コナリミサト ]

価格:734円
(2019/5/24 10:25時点)

朝の支度をすませ、会社に出勤。
駅で同僚2人組をみかけ、気が付かないふりをしつつこっそり遠ざかろうとするのですが…あっさり見つかり、一緒に会社に向かいます。

大島凪の口癖は「空気、読んでこ」。

電車の中でランチの話になり、お弁当を持ってきてはいるものの誘いを断ることができず。

会社で、同僚のミスを自分のせいだと思われて上司から叱られるのものの、何も言わず。

取引先の名刺のデータ化を押し付けられても、「了解」と笑顔。

そんな大島凪の毎日を一言で表すと、「なんだかなぁ」。

“01巻:凪のお暇ー空気は読むものじゃなくて吸うものー” の続きを読む