02巻:琉球のユウナー二つの太陽ー

琉球のユウナ 2 (花とゆめコミックス) [ 響ワタル ]

価格:463円
(2019/5/20 10:26時点)

ユウナが植物に水をかけていると、突然「赤い髪じゃ」とむんずとつかむ少女が。

駆け付けた真加戸によって、妹の音智殿茂金(おとちとのもいかね)とわかります。

音智殿茂金は病弱で療養していたのですが、真加戸をお守りする“ヲナリ神”として、夜斗に連れてこられていたのでした。

ヲナリ神とは、姉妹は兄弟を霊的に守護するという琉球古来からの信仰の一つ。
ふた月も雨が降っていないため、干ばつで王府に不満を持つ者が出てきていることからも、雨乞いをして威厳を取り戻そうとして音智殿茂金を呼び寄せたのでした。

“02巻:琉球のユウナー二つの太陽ー” の続きを読む

01巻:琉球のユウナ

琉球のユウナ 1 (花とゆめコミックス) [ 響ワタル ]

価格:463円
(2019/4/29 08:45時点)

沖縄の琉球王国を舞台にしたファンタジーマンガ。

巻末には参考文献も記載されているので、史実を織り交ぜたストーリーになっているようです。
沖縄の歴史に親しむ、入門編としていい感じ!?

時は1482年。
舞台は現在の沖縄県である琉球国。

山原に住むユウナは、鮮やかな朱色の髪の少女。
神通力を持つため人に狙われたり忌み嫌われたりすることが多く、獅子と共に山奥でひっそりと暮らしていました。

そのため、人と普通に話すことができない、かなり重症なコミュ障です。

その日もユウナを捕まえようとした男性数人から追いかけられていたのですが、お忍びで尋ねに来た琉球国第二尚氏王朝三代目・尚真王に助けられます。

尚真王の名は真加戸(まかと)。
おつきの護衛は夜斗(やと)。

最近、呪をかけら、侍医にもさじを投げられ、神通力の高いと噂のユウナを訪ねてきたのでした。

“01巻:琉球のユウナ” の続きを読む