05巻:鬼滅の刃ー炭治郎と父、ヒノカミ神楽ー

鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックス) [ 吾峠 呼世晴 ]

価格:432円
(2019/9/8 17:01時点)

体の堅い鬼に苦戦する炭治郎と伊之助。
懸命に技を繰り出しますが斬り込むことができず、炭治郎は遠くに吹っ飛ばされてしまいます。

「俺が戻るまで、死ぬな!!」と叫びながら遠ざかる炭治郎。
鬼と伊之助の一騎打ちです。

その頃、力を使い果たし力尽きている善逸のところに、軽やかに舞い降りる一人の剣士の姿がありました。

“05巻:鬼滅の刃ー炭治郎と父、ヒノカミ神楽ー” の続きを読む

04巻:鬼滅の刃ー猪の正体ー

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス) [ 吾峠 呼世晴 ]

価格:432円
(2019/5/26 15:45時点)

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)の姿を見た我妻善逸(あがつま ぜんいつ)は、最終選別で誰よりも早く入山して、誰よりも早く下山してしまった合格者だと気が付きます。

箱の中の鬼(禰豆子)の存在に気が付いた伊之助は、さっそく戦いを挑もうとするのですが、それを善逸が阻止。

そこに出てきた炭治郎が、伊之助を引き離すように一撃を加えます。
「隊員同士で刀を抜くのはご法度だ!それを一方的に痛めつけて卑劣極まりない!」と怒りの形相です。

「素手ならいいんだな!」とわかっていない様子の伊之助。
四足獣のような低い体制での攻撃、そして人並外れた関節の柔らかさに、炭治郎は苦戦を強いられます。

己のケガを鑑みない伊之助の行動に「ちょっと落ち着けぇ!」と、思いっきり頭突きをかます炭治郎。
その衝撃で、伊之助がかぶっていた猪の覆面が落ち、中から素顔が…。

きれいな顔立ちにびっくり。

“04巻:鬼滅の刃ー猪の正体ー” の続きを読む

03巻:鬼滅の刃ー稀血と鼓の鬼ー

鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックス) [ 吾峠 呼世晴 ]

価格:432円
(2019/4/28 09:39時点)

愈史郎の案で、炭治郎は矢琶羽を、愈史郎・珠世・禰豆子で朱紗丸を相手に戦う事に。

禰豆子は、愈史郎と珠世が傷つき血を流す母と弟に見え…一気に闘志を燃えたぎらせます。

炭治郎は必死に矢琶羽の隙の糸を探しますが、矢琶羽の血気術によって苦戦を強いられます。
それでも、戦いの中で矢琶羽の攻撃を読み取り、なんとか首をはねます。

ところが、矢琶羽の攻撃を数多く受けており、連続して起こる攻撃に対して連続に技を繰り出し、なんとかしのぐもののあばらと脚が折れるという重傷を負ってしまいます。

疲労で刀も握れない炭治郎。
口に刀を加え、這いながら禰豆子たちのところに向かいます。

“03巻:鬼滅の刃ー稀血と鼓の鬼ー” の続きを読む

02巻:鬼滅の刃ー珠世と鬼舞辻無惨ー

鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス) [ 吾峠 呼世晴 ]

価格:432円
(2019/3/3 12:02時点)

異形の大型の鬼の思考に、かつて自分を倒した鱗滝の姿と炭治郎の姿が重なります。

炭治郎に一刀され死を覚悟しつつ、「どうせあいつもさげすんだ目で俺をみるのだろう」と悔しい思いで、視界に移る炭治郎の背中を凝視。
でも、振り返った炭治郎の顔は、とても悲しそうな顔をしていました。

兄を食い殺した時の事を思い出す鬼。
自然と手が炭治郎に伸びます。

差し伸べられた鬼の手から悲しい匂いをかぎ取った炭治郎は、その手を両手で優しく包みます。

「神様、次に生まれてくるときは鬼になんてなりませんように」と願います。
その言葉に、鬼の目から涙がぽろぽろとこぼれ落ちます。

鬼の身体が朽ちていき、やがて何もなかったように消滅しました。

“02巻:鬼滅の刃ー珠世と鬼舞辻無惨ー” の続きを読む

01巻:鬼滅の刃

鬼滅の刃(1) (ジャンプコミックス) [ 吾峠呼世晴 ]

価格:432円
(2019/1/12 15:14時点)

ジャンプで人気連載中のこちら!
連載スタートから「打ち切りになるなよ~」と願いながら読んでいる好きなマンガです。

舞台は大正時代。
鬼の出現に恐れていた時代。

主人公の炭治郎は、山にある家で家族と穏やかに暮らしていました。
優しくきれいなお母さん、妹の禰豆子(ねずこ)・花子、弟の竹雄・茂・六太。
お父さんは亡くなっています。

年末の雪が降る中、お正月はみんなに腹いっぱい食べさせてやりたいと、炭治郎は町に炭を売りに。
日も暮れかけた頃、帰ろうとする炭治郎を「鬼が出るぞ」と三郎爺が引き止めます。

翌朝、家に帰ると、惨殺された家族の姿が…。
混乱する中、禰豆子の体が温かいのを知り、背中にかついで医者の元に走ります。

“01巻:鬼滅の刃” の続きを読む