04巻:ヴァニタスの手記

ヴァニタスの手記(4) (ガンガンコミックス JOKER) [ 望月淳 ]

価格:627円
(2019/3/15 12:34時点)

ヴァニタスとノエを見失ったローランたちは、本部に「銀髪の吸血鬼と黒髪の人間が侵入した」と報告します。
そして再び、捜索に!

地の利は狩人(シャスール)にあると意気込みますが、地下を守る自動人形や罠が次々と誤作動を起こし、ローラン達狩人を襲います。
まるで狩人たちが狩られているような…。

自動人形や罠がローランたちを襲うのは、ヴァニタスの仕業。
動かす元となるアストルマイトに干渉し、式を書き変えローランたちを邪魔していたのでした。

それにしても…と不思議に思うノエ。

地の利に長けている狩人を翻弄していること、モローという男の目的は何なのか?
そしてノエとの関係は…?

そんな疑問が顔に出ているノエに、ヴァニタスはため息をつきながら淡々とその答えを口にします。

“04巻:ヴァニタスの手記” の続きを読む

03巻:ヴァニタスの手記

ヴァニタスの手記(3) (ガンガンコミックスJOKER) [ 望月淳 ]

価格:616円
(2019/2/8 14:20時点)

救えなかった…。
砂となってしまった少女。
ノエは「救いとはなんですか!?」とヴァニタスに詰め寄ります。

と…

そこに、怒り心頭のベロニカが登場。
仮面をつけていながらもすさまじい力を見せつけます。

その力の前では逃げることも叶わず、ヴァニタスは片足を氷漬けにされてしまいます。
ノエは先ほどのダメージが残っており、助けたくても力が思うように入らない。

「粉々に砕いてあげましょう」と高笑いするベロニカを止めたのは、何者かに足止めを食らって到着が遅れたルスヴン卿。
ルスヴン卿が声をかけるとともに、ベロニカの仮面がパキッと真っ二つに割れ、その顔があらわになります。

“03巻:ヴァニタスの手記” の続きを読む

02巻:ヴァニタスの手記

ヴァニタスの手記(2) (ガンガンコミックスJOKER) [ 望月淳 ]

価格:637円
(2019/1/10 11:03時点)

「僕の血を飲みたい…?」

昔のなつかしい頃の夢。

夢の中で、自分の事を「血を暴く牙」と言うノエ。
そのせいで血を飲みたくても気軽に飲めないようです。

夢から覚めたノエ。
ヴァニタスと屋根の上で朝食です。

かつてのパリは煤汚れていたのに、今は万能石「アストルマイト」のおかげできれいな青空。
研究が進むアストルマイトですが、その発生は過去の大規模な事故「混沌(バベル)」からできた石と、その正体は謎に包まれています。

“02巻:ヴァニタスの手記” の続きを読む

01巻:ヴァニタスの手記

ヴァニタスの手記(1) (ガンガンコミックスJOKER) [ 望月淳 ]

価格:627円
(2018/12/22 11:44時点)

きれいな絵に惹かれて読み始めましたこちら。
吸血鬼とヴァニタスの本という呪われた本を巡ってのお話です。

***************

「パリに吸血鬼現る!」

飛空船の掲示板に貼りだされたニュースに不安を隠せない人々。
昔、人間との戦争で負けてほろんだはず、生き残りがいた、作り話だろ…と、さまざまな憶測が飛び交います。

そんな人々の中、具合が悪そうな一人の女性。
倒れそうなところを、いち早く気が付いたノエが助けるところかお話が始まります。

女性の名前はアメリア。
ある医者に病気を治してもらうため、パリに行く途中でした。
観光ですかと尋ねるアメリアに、ノエは「『ヴァニタスの書』を探しに」と答えます。

ヴァニタスの書は、「蒼月の吸血鬼」という童話に登場する呪われた本の名前。
蒼い革表紙に漆黒の紙、銀の鎖で繋がれた機械仕掛けの魔導書。
ヴァニタスが作り上げた、“吸血鬼の真実の名前”に干渉する力が宿った特別な本なのです。

“01巻:ヴァニタスの手記” の続きを読む