02巻:大正処女御伽話(タイシャウ・ヲトメ・おとぎばなし)

大正処女御伽話(2) (ジャンプコミックス SQ.) [ 桐丘さな ]

価格:473円
(2018/11/22 11:41時点)

「ユヅを幸せにしたい」と強く思う珠彦。
ユヅのおかげで変わりつつあります。

でも、それは珠彦だけでなく、妹の珠子も同じ。
医者になると宣言します。

行動力ある珠子さんは、すでに神戸で病院をやっている叔父さん(外科医)に連絡。
おじさんのところでしばらくご厄介になることにしたのでした。

父親への説得もすでに考案済み。
それは、「医者の肩書がつけば、この上ないエサになるでしょう」という、政略結婚の事。

夢の為に進んで政略結婚を受け入れる珠子に、珠彦は素直に喜べません。

その夜。
一人縁側で物思いにふける珠子の隣に、珠彦がそっと寄ってきます。

そして、これまで話せなかった胸の内を語ります。
壁を作らざるをえなかった、そんな家庭環境から抜け、ユヅという温かな場所で素直になれた二人。
よかったね~。

翌日、珠子は珠彦とユズに、どうして医者を志すことにしたのかを話して聞かせます。
ユズと接して、それまで味わった事のない人のぬくもりを知ったようです。
それだけ、志摩の家は殺伐としていたのですね。

“02巻:大正処女御伽話(タイシャウ・ヲトメ・おとぎばなし)” の続きを読む

01巻:大正処女御伽話(タイシャウ・ヲトメ・おとぎばなし)

大正処女御伽話(1) (ジャンプコミックス SQ.) [ 桐丘さな ]

価格:473円
(2018/11/16 14:49時点)

とっても絵がかわいい~!!

タイトルからも大正時代のお話。
まさに昔の純粋無垢な若者の恋愛。
言葉使いも、今とはまるで違うお上品な時代です。
昔懐かしいお話。

ちなみに「処女」と書いて「ヲトメ」と読むのでご注意!

時は大正10年。
吹雪の中、一人の少女が村の外れにある大きな家に訪ねてきます。
家は大きいですが、そこに住んでいるのは玉彦くんだけ。

帽子が雪で白くなり、まるで白無垢を着たかのようになっている少女の名前は夕月(ゆづき)。
「珠彦様のお嫁さんになる為、罷りこしました。」
とやってきたのです。

このお話は、とある理由で田舎の片隅に追いやられてしまったお坊ちゃん・珠彦くんと、一途で明るく優しい夕月ちゃんのお話です。

“01巻:大正処女御伽話(タイシャウ・ヲトメ・おとぎばなし)” の続きを読む