07巻:私がモテてどうすんだ

私がモテてどうすんだ(7) (講談社コミックス別冊フレンド) [ ぢゅん子 ]

価格:463円
(2019/4/5 14:45時点)

「土曜日は、殿の命日なんだって」

花依が今一番はまっている「かちゅ☆らぶ」の、殿のモデルになった戦国武将・百鬼鮫虎の命日の事。

鎮魂祭が朝の7時からとして、花依は行く気満々。
でも、夜行バスはSOLD OUT!

すかさず志麻さんがヘリを出すといいますが、「自腹で行かないと失礼だから!これは聖地巡礼」ときっぱり断ります。

感動した志麻さん、ひいては志麻さんと二人きりにしてさせるものかと五十嵐・七島・四ノ宮、純粋に興味津々の六見先輩も一緒に行くことに。

“07巻:私がモテてどうすんだ” の続きを読む

16巻:キングダム

キングダム(16) (ヤングジャンプコミックス) [ 原泰久 ]

価格:555円
(2019/4/2 15:07時点)

昌文君によって語られる、六大将軍・摎(きょう)。
王騎将軍の妻になるはずだった女性です。

昌文君が初めて摎に会ったのは、とある戦場へ向かう途中の野営。
王騎軍の中に可憐な女兵士がいることに驚く昌文君。
聞けば、王騎軍側近であり、男顔負けの武人であると。

摎は王騎の屋敷の召使の子であり、幼少より王騎を見て育ったために武芸の達人に成長。
異常なほどに戦に強く、策をとっても武をとっても戦いの天才であることを、同じ戦で戦うことで目の当たりにしたのでした。

南安での戦いの最中、将軍として指揮を執ることになった王騎に、大事な話があると呼び出されます。

二人っきりになったところで王騎が話す内容は、国を揺るがすほどの一大スキャンダル。
そして、宮廷で生きる女性たちの悲しい話でもありました。

“16巻:キングダム” の続きを読む

18巻:名探偵コナン

名探偵コナン 18 (少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

価格:463円
(2019/4/1 12:13時点)

事件は前巻の続きから!

俳優・土方幸三郎から依頼を受けて自宅を訪問した3人。
そこで土方の妻である女優の勇美が、隣人で愛人噂のある若手俳優・沖田の部屋のベランダで死体となって発見されたのでした。

現場に駆け付けたのは、おなじみ目暮警部。
状況を説明するに、最も怪しいのは部屋の主である沖田。
でも、沖田の方は「ベランダに死体があって驚いているのは俺の方だ」と真っ向から否定します。

全員が沖田犯人を疑わない中、コナンだけは、ちらりと見えた土方の不気味な笑みが引っかかり、沖田犯人説を固定できないでいます。

そんな中、早くも事件に気が付いたマスコミに対応すべく、エレベーターでエントランスホールに向かう目暮警部・小五郎・コナン。
そこでコナンは事件解決のきっかけをつかみます。

“18巻:名探偵コナン” の続きを読む

「あなたは嘘を見抜けない」菅原 和也

あなたは嘘を見抜けない (講談社タイガ) [ 菅原 和也 ]

価格:745円
(2019/3/18 19:15時点)

あなたの罪を数えましょう」ですっかりはまってしまった作者さんの作品。
順番が逆ですが、「あなたは嘘を見抜けない」が先ですね。
はい。

グロテスクな表現はありませんが、最後のどんでん返しはなかなか爽快です。
登場人物の誰かがとんでもない嘘つきです。
誰が嘘つきなのか…読みながら考察するおもしろさもあります。

ストーリーは、恋人を亡くした青年目線と、廃墟ツアーに参加した青年目線が交互に展開されていきます。

ストーリーはこちら↓


僕の彼女は「嘘つき」たちに殺された。

廃墟ツアーで訪れた無人島で死んだ最愛の人・美紀。
好奇心旺盛で優しい彼女は事故に遭ったのだ。

僕は生きる意味を喪い、自堕落な生活を送っていたが、美紀と一緒に島にいた女と偶然出会いある疑いを抱く。
美紀は誰かに殺されてしまったのではないか。
誰かが嘘をついている。

嘘と欺瞞に満ちた血染めの騙し合いの幕が開く。

*裏表紙より抜粋


“「あなたは嘘を見抜けない」菅原 和也” の続きを読む

04巻:ヴァニタスの手記

ヴァニタスの手記(4) (ガンガンコミックス JOKER) [ 望月淳 ]

価格:627円
(2019/3/15 12:34時点)

ヴァニタスとノエを見失ったローランたちは、本部に「銀髪の吸血鬼と黒髪の人間が侵入した」と報告します。
そして再び、捜索に!

地の利は狩人(シャスール)にあると意気込みますが、地下を守る自動人形や罠が次々と誤作動を起こし、ローラン達狩人を襲います。
まるで狩人たちが狩られているような…。

自動人形や罠がローランたちを襲うのは、ヴァニタスの仕業。
動かす元となるアストルマイトに干渉し、式を書き変えローランたちを邪魔していたのでした。

それにしても…と不思議に思うノエ。

地の利に長けている狩人を翻弄していること、モローという男の目的は何なのか?
そしてノエとの関係は…?

そんな疑問が顔に出ているノエに、ヴァニタスはため息をつきながら淡々とその答えを口にします。

“04巻:ヴァニタスの手記” の続きを読む