【二月の勝者】第123講「一月の勝利」を読んで

桜花ゼミナール、一般入試合格第1号の島津くん。
めでたい知らせにどんな反応をするのか…楽しみで開いた今週号です。

店長の粋な計らいで、ママさんから合格の知らせを受けた島津師匠。

合格の知らせに、一瞬、小学生らしい幼い表情を見せますが、すぐにいつものニヒルな調子に。

「トーゼン、合格すると思ってたわ!チョー余裕!」

さすが師匠です(笑)。

“【二月の勝者】第123講「一月の勝利」を読んで” の続きを読む

【シャドーハウス】第87話 視察

セダンチェアに乗って、子ども達の棟にやってきたエドワード。
星付きが見守る中、視察スタートです。

事情を知らない子どもたちは、大人の視察にわくわくドキドキ。
セダンチェアから手だけだして手を振るだけでも歓声があがるほど。
ルイーズなどは大はしゃぎです。

エドワードがリスクを背負ってまでここに来たのは、私の事をまだ疑っているんだと推察するケイト。

一方、双子の顔であるベルは「私たち(イザベル&ミラベル)の処分は…大人が判断するってバーバラが言っていたわ…」とびくついています。

“【シャドーハウス】第87話 視察” の続きを読む

【呪術廻戦】第134話 渋谷事変51

呪霊操術・極ノ番「うずまき」について語るニセ夏油。

「今は待つ」と自分に言い聞かせて聞いている体を装う虎杖ですが、ニセ夏油にはバレバレ。

頭上にいる西宮をしるしに、加茂が矢を放ち、禪院が狙撃。
三輪が渾身の抜刀をするも、刀を折られてしまいます。

「うずまき」を繰り出したところに、庵やパンダ(今はゴリラ状態)たち先生によって助けられます。
危機一髪!!

“【呪術廻戦】第134話 渋谷事変51” の続きを読む

【往生際の意味を知れ!】第25話 京都行き新幹線

それぞれの思惑を秘めながら、京都の伊根に向かう市松・八幡・榊田・日下部美智の四人。

新幹線の中で仲良くトランプ(大富豪)です。

京都に向かう理由は、日和達のお父さんの死亡診断書を書き換えたとされる医師・五反田を見つけること。

日和は先に現地に赴き調査しています。
4人は合流するべく向かっていたのでした。

“【往生際の意味を知れ!】第25話 京都行き新幹線” の続きを読む