17巻:名探偵コナン

名探偵コナン 17 (少年サンデーコミックス) [ 青山 剛昌 ]

価格:463円
(2019/1/30 13:39時点)

前巻の陶芸事件の続きです!

首を吊って死んでいるのを発見された土屋さん。
床に砕け散った焼物のツボに、ぱっくりと切れたふくらはぎの傷。

昨夜の楽しそうにお酒を飲む様子から自殺するようには見えなかったと不思議がるお弟子さんたち。
でも、陶芸家の菊右衛門は「風水丸」を割ってしまった事を悔いてだろうと、その自殺を悼みます。

自殺ムードが漂う中、コナン君だけはひっかかりを感じており…。
大広間の椅子についていた口紅から、蔵の中に残された殺人の痕跡を見つけます。

犯人は陶芸家、3人の弟子の誰か?
その動機は、陶芸への気持ちからでした。

“17巻:名探偵コナン” の続きを読む

01巻:クジラの子らは砂上に歌う

クジラの子らは砂上に歌う 1 (ボニータコミックス) [ 梅田阿比 ]

価格:463円
(2019/1/26 13:59時点)

最初は「?」という感じ。
登場人物たちの世界を理解するのに費やされた感がありました。

読み終わる頃に、やっと「クジラの子らは砂上に歌う」の世界観を理解し、物語が一気に進んでいきます。

主人公は、チャクロ。
砂の海を漂う船・泥くじらで生活する、14歳の記録係です。

この船には500ちょいの人口が住んでおり、その9割は不思議な能力を持つ「印(シルシ)」。
感情を発動源とする、情念動(サイミア)の能力者です。

物語は、主人公と能力について、そして島の生活について語られていきます。

“01巻:クジラの子らは砂上に歌う” の続きを読む

04巻:きのう何食べた?

【中古】 きのう何食べた?(4) モーニングKC/よしながふみ(著者) 【中古】afb

価格:298円
(2019/1/25 14:12時点)

ケンジくんに呼ばれて、友人のテツさん&ヨシくんと外食。

隣のカップルに、会話の内容などからゲイであることを悟られてしまっているようで…。
微妙な空気に、シロさんは居心地が悪いったらない。

帰り道。
シロさんの様子にたケンジ君は謝りますが効果なし。

翌日。
職場で落ち込むシロさん。
周りからゲイとみられないように細心の注意を払っている自分はなんて器が小さいんだろうと悶々。

次の日も気まずい雰囲気でしたが、ケンジさんは何事もなかったように夕食をリクエストします。 “04巻:きのう何食べた?” の続きを読む

「屍人荘の殺人」今村 昌弘

屍人荘の殺人 [ 今村昌弘 ]

価格:1,836円
(2019/1/20 19:41時点)

「このミステリーがすごい!」
「史上初、デビュー作にして3冠!」
「21世紀最高の大型新人による、前代未聞のクローズド・サークル」

…なんて書かれた帯に惹かれて読み始めました。
しかも、綾辻行人さんをはじめとする人気作家さんからのコメント付き。
特に印象的だったのが、知念実希人さんの

「久しぶりにがっちりとした本格ミステリー(○○○は出てくるけど)を読んだ気がする。」

なんてお言葉に、読む前は「?」と思いつつ、読んだ後は「なるほど、そういう事か」とうなずいたのでした。

ストーリーはこちら↓


神紅大学のミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、いわくつきの映画研究部の夏合宿に加わる為、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。

合宿1日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。
緊張と混乱の一夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。
しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!

究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか!?
奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!


“「屍人荘の殺人」今村 昌弘” の続きを読む

「使用人探偵シズカー横濱異人館殺人事件ー」月原 渉

使用人探偵シズカ 横濱異人館殺人事件 (新潮文庫) [ 月原 渉 ]

価格:594円
(2019/1/19 15:56時点)

表紙がレトロで、なんだかかわいい。
ベタなタイトルに惹かれて読んだらおもしろかった。

が!

3分の2ぐらい読んだところで、動機はわからないけど犯人はわかってしまいました。
書かなきゃいけない部分だけど、これは犯人わかるだろ~…といった感じ。

それでも、終わりまでハラハラドキドキ。
飽きずに読めます。
だって、まるでホラーのような絵のトリックがわっかんないんですもん!!

ストーリーはこちら↓


「あと二人、死にます」使用人は容赦なく云った。

嵐に閉ざされた異人館で、「名残の会」と称する奇妙な宴が始まった。館の主は謎めいた絵を所蔵する氷神公一。招かれたのは画家に縁のある6人の男女。

次々と殺されていく招待客たち。絵の下層には、なぜか死んだ者が描かれていた。縊られた姿もそのままに、絵は死を予言しているのか。

絵画見立てデスゲームの真相とは。使用人探偵ツユリシズカの推理が冴える本格ミステリー。


“「使用人探偵シズカー横濱異人館殺人事件ー」月原 渉” の続きを読む