「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」志賀 晃

スマホを落としただけなのに囚われの殺人鬼 (宝島社文庫 このミス大賞) [ 志駕晃 ]

価格:702円
(2018/11/21 17:57時点)

ネットの怖さが身に染みてわかる、誰にでも起こりうる話「スマホを落としただけなのに」。
その続編です。

前作からまだ日も浅い、まさに捕まった直後と言ってもいいぐらいのホヤホヤ(これは言いすぎかしら?)の続きです。

しかも、今回は前回の犯人が一緒に事件を調べることになるのですからびっくり。
まぁ、ここまではありがちなパターンですが、最後は見事に意表をついてくれます。

できれば1冊目「スマホを落としただけなのに」を読んでからの方が、話の流れ的にはわかりやすいです。
本に巻かれている帯にも、「第1弾の前には、絶対に読まないでください!」なんて書かれています。

ちなみに、シリアルキラー・浦野が、なんだか「金田一少年の事件簿」に出てくる「地獄の傀儡師」もしくは「犯罪芸術家」とも呼ばれている高遠遙一(たかとお よういち)にイメージがかぶる…。

さて、ストーリーはこんな感じ↓


神奈川県警生活安全サイバー犯罪対策課の桐野良一はあるPCから、死体で見つかった女の情報を探っていた。
そのPCは、「丹沢山中連続殺人事件」の犯人のものだった。
秘密を探るうち、犯人は桐野にある取引を持ちかけ――。

その頃、巨額の仮想通貨流出事件が発生。
セキュリティ会社で働く美乃里のもとに、ハッカーらしき男からコンタクトがあり……。

情報化社会の恐怖を描くサイバー・サスペンス!

*「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」背表紙より抜粋


“「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」志賀 晃” の続きを読む

「スマホを落としただけなのに」志賀 晃

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) [ 志駕晃 ]

価格:702円
(2018/11/13 20:24時点)

現在、絶賛映画公開中の「スマホを落としただけなのに」。
誰にでも起こりうる内容で、他人事とは思えない怖さがあります。
これは、スマホを持つ人すべてが読んだ方がいい!

ストーリーはこんな感じ↓


麻美の彼氏の富田がタクシーの中でスマホを落としたことが、すべての始まりだった。

拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。
麻美を気に入った男は、麻美の人間関係を監視し始める。
セキュリティを丸裸にされた富田のスマホが、身近なSNSを介して麻美を陥れる凶器へと変わっていく。

一方、神奈川県の山中では身元不明の女性の死体が次々と発見され…。

*「スマホを落としただけなのに」背表紙より抜粋


“「スマホを落としただけなのに」志賀 晃” の続きを読む