「去年の冬、きみと別れ」中村 文則

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫) [ 中村文則 ]

価格:496円
(2019/1/7 22:49時点)

映画化された小説。
でも、映画を観た友人の話では、ちょっと原作と大きく違うところもあったと。
映画と小説、両方で楽しんでみてもいいですね。

主人公は「僕」。
でも、この一人称の呼び方に仕掛けがされています。
その仕掛けは、話の途中で「君は誰だ?」と呼び掛けられることで判明します。
なので、この部分で「えーーーーー!?」と、最初にリターン。
注意深く読むことをお勧めします。

ストーリーはこちら!


ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。
彼は二人の女性を殺した罪で死刑判決を受けていた。
だが、動機は不可解。
事件の関係者も全員どこか歪んでいる。

この異様さは何なのか?
それは本当に殺人だったのか?
「僕」が真相に辿り着けないのは必然だった。
なぜなら、この事件は実は…。

*「去年の冬、きみと別れ」裏表紙より


“「去年の冬、きみと別れ」中村 文則” の続きを読む

「十五年目の復讐」浦賀 和宏

十五年目の復讐 (幻冬舎文庫) [ 浦賀和宏 ]

価格:648円
(2018/12/30 11:29時点)

「Mの女」で、主人公・西野冴子を罠にはめた人々に集点をあてた作品。
どうして西野冴子を罠にかけるために協力したのか…その背景がわかります。

しかも、西野冴子とは関係ない、当人にとっては重大な事実が判明していくと、西野冴子の事件以外のドラマも。
一人一人、読み終わった後に、見方が変わります。

なるほど~。
こんなやり方で不本意ながらの協力をさせたんですね!
こわっ!!

西野冴子だけでなく、周囲の人までも意のままに操る手腕は恐怖以外の何物でもないです。
こんな人には絶対に逆らえない!
現実にいたら怖いです…。

ストーリーはこちら↓


ミステリ作家の西野冴子は、ストーカー扱いされた揚げ句、殺人事件の犯人として逮捕されてしまうが、一切心当たりがない。

始まりは、彼女が受け取った一通のファンレター。
些細な出来事から悪意を育てた者が十五年の時を経て、冴子を逃げ場のない隘路に追い込んでいく。

残酷なほど計算し尽くされた罠に落ちる人間を描くサスペンスミステリ。


“「十五年目の復讐」浦賀 和宏” の続きを読む

「Mの女」浦賀 和宏

Mの女 (幻冬舎文庫) [ 浦賀和宏 ]

価格:540円
(2018/12/15 16:00時点)

衝撃的なほどに、立場が逆転!
いつのまにか主人公がやばい状況にまで追い詰められており、もはや形勢逆転は無理!

もやもやっと、すっきりしない終わり方です。
してやられた感が半端ない。
主人公と同じ立場だったら、本当に嫌だなと。

ストーリーはこちら↓


ミステリ作家の冴子は、友人・亜美から恋人タケルを紹介される。
第一印象からタケルに不穏なものを感じていた冴子は、一通のファンレターを契機に、タケルに不審を抱き、彼の過去を探ることに。

するとそこには数多くの死が…!
そしてその死は着実に冴子と亜美にも近づいていた。

逆転に次ぐ逆転。
鮮やかに覆っていく真実。
これぞミステリの神髄!


“「Mの女」浦賀 和宏” の続きを読む