「十二人の死にたい子どもたち」冲方 丁

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫) [ 冲方 丁 ]

価格:842円
(2018/11/28 18:15時点)

2019年1月25日公開と映画化でも注目を集めている「十二人の死にたい子どもたち」。
衝撃的なタイトルに、今の時代ならあってもおかしくないといった事からも、手に取って読み始めてしまいました。

なにせ、思春期前の娘がいるものですから。
気になる!

映画の宣伝キャッチフレーズは、「未体験リアルタイム型・密室ゲーム」。
そのキャストも発表されたわけですが、「豪華すぎる」とSNSなどでこれまた話題に。

まぁ、帯に塗りつぶされた顔がズラリと並んでいたわけですから、それだけでも話題を呼んでいましたしね。
気になっていた人も多かったのではと思います。

この「十二人の死にたい子どもたち」は、第156回直木賞候補になっており、その作者である冲方丁さんは「天地明察」などのベストセラーを生み出しているお方です。

ストーリーはこちら↓


廃病院に集まった十二人の少年少女。
彼らの目的は「安楽死」をすること。
決を取り、全員一致で、それは実行されるはずだった。
だが、病院のベッドには“十三人目”の少年の死体が。

彼は何者で、なぜここにいるのか?
「実行」を阻む問題に、十二人は議論を重ねていく。
互いの思いの交錯する中で出された結論とは。

*「十二人の死にたい子どもたち」背表紙より抜粋


“「十二人の死にたい子どもたち」冲方 丁” の続きを読む